細菌性膣炎という言葉を聞いたことはありますか?以下に挙げた症状に当てはまる場合は「細菌性膣炎」かもしれません。

  • オリモノの量が通常よりも明らかに多くなっている
  • オリモノが淡い黄色っぽくなっている
  • さらさらと水っぽいオリモノが出た
  • 粘着性のベトベトするオリモノが出る
  • 魚臭い、生臭い、酸っぱいような臭いがする

細菌性膣炎って何?

では、「細菌性膣炎」とは一体何でしょうか?

簡単にいえば、膣内が雑菌に感染し炎症している症状です。

そのメカニズムは、体内にもともとある悪性の常在菌が過剰繁殖することで起こる場合がほとんどです。この悪性の常駐菌の過剰繁殖するのをガードしてくれるのがデーデルライン菌という善玉菌の存在です。

通常、デーデルライン菌は膣内に細菌を侵入させないように、バリアの役割を果たしてくれています。したがって、このデーデルライン菌が減少してしまうと、結果的に細菌や悪性の菌が繁殖しやすくなり悪性の常駐菌の過剰繁殖につながります。

ポイント

そんな恐ろしい「細菌性膣炎」ですが、改善法は「膣内を清潔に保つこと」これだけです!

膣内を清潔に保つために

では具体的に、どのようにして膣内を清潔に保てばいいのでしょうか?おそらく多くの人が「洗浄」を、思い浮かべられるのではないでしょうか。間違いではありませんが、正しい知識で洗浄をしないと逆効果になってしまいますので注意しましょう。

陥りがちな間違った膣内の洗浄方法

  • 市販の石鹸やボディーソープでは、デーデルライン菌(善玉菌)を一緒に洗い流してしまい炎症の元になる。
  • 水で洗浄する場合は、雑菌を洗い流す事ができないため膣内環境の改善につながらない。

膣内の洗浄のために、通常の石鹸やボディソープなどを使用することは、絶対にやめましょう。

膣内の自浄作用を低下させて、炎症をおこしてしまう可能性もあります。 また先ほど紹介したように、バリアの役割を果たしているデーデルライン菌などを一緒に洗い流してしまい自浄作用の低下につながります。

では、水だけで洗浄すればいいのかというと、水だけでの洗浄では、雑菌などを完全には洗い流すことはできず、雑菌が膣内に取り残されてしまい改善にはつながりません。

そこでおすすめなのが「膣内洗浄剤」を使用する方法です。

いいね

膣内を正常に戻し、臭いを改善するためには、膣内専用の洗浄剤で洗うことがオススメです。

「膣内洗浄剤」は膣専用の洗剤ですから、膣内環境を整えつつ洗浄することができます。また、善玉菌を一緒に洗い流してしまうという心配もありません。

膣内専用の洗浄剤の正しい選び方

正しい膣内洗浄剤を選ぶポイントは次の2つです。

  • デーデルライン菌(善玉菌)を洗い流してしまわないか
  • 雑菌をしっかりと洗い流せるか

この2つのポイントが、正しい洗浄剤を選ぶ上で重要なポイントとなります。とくに、善玉菌を洗い流してしまうような石鹸の使用は、反対に症状が悪化してしまう可能性が高いので絶対にやめましょう。

膣内洗浄には、専用のインクリアがおすすめです。

84%が効果を実感!乳酸配合で膣内部の環境を整えるインクリア

  • 安心の産婦人科医と共同開発
  • 自宅でできる膣内洗浄
  • 乳酸菌配合で膣内環境を改善

そもそも雑菌に感染し細菌性膣炎になる原因は?

そもそも、雑菌に感染して細菌性膣炎になる原因はなんでしょう?原因の多くは次の2つです。

  1. 古いオリモノや体液などが膣の中に残ってしまっている状態
  2. 性交渉の結果、男性が持っていた雑菌が膣の中に残された状態

1の状態で放置すれば体内に、古くなったオリモノや体液から悪性の常在菌が繁殖してしまう恐れがありますし、2の状態で放置すれば膣内に侵入した雑菌によって感染してしまう可能性があります。

細菌性膣炎にならないためにも、定期的に膣内洗浄をする事が大切です。

いいね

あなたも今日から「膣内洗浄剤」を使って細菌性膣炎を始めましょう。

細菌性膣炎の予防法

細菌性膣炎にかかってしまった場合は、婦人科で処方される抗生物質で、おおよそ一週間~10日程で治癒します。

しかし、この細菌性膣炎は、再発率がとても高いので、その後の予防が大切です。

あなたも今日から「膣内洗浄剤」を使って細菌性膣炎を始めましょう。

完治しても、約半数の人が再発するといわれている、「しつこい」病気です。乳酸桿菌をおぎなうこと、細菌を洗い流すこと、などで細菌性膣炎の再発を防げます。

欧米では、細菌性膣炎の再発防止に、乳酸菌サプリを摂取するのが効果的とされていますが、サプリでは膣に直接、栄養素が行き渡らないのですし、細菌を洗い流せないので気休め程度にしかなりません。

膣内部の乳酸成分を補い、なおかつ雑菌を洗い流すなら、「膣内洗浄剤のインクリア」がおすすめです。 インクリアには、乳酸成分が含まれていますし、膣内部の細菌を洗い流せます。

ヨーグルトは細菌性膣炎の予防になる!?

細菌性膣炎の民間療法のひとつであるヨーグルト。

知っている人も多いと思いますが、ヨーグルトは乳酸菌を豊富に含みます。

膣内部は乳酸菌で守られており、乳酸桿菌が不足することで膣内の雑菌が増殖し、細菌性膣炎を発症しやすくなります。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には悪玉菌(ブドウ糖)を発酵させて乳酸に変える働きがあり、善玉菌優勢の状態が保たれることで、雑菌の繁殖が抑えられます。

細菌性膣炎の発症を繰り返しているなら、ヨーグルトを積極的に摂取するよう心がけましょう。